メールにも表情を加える

メールに絵文字や顔文字を使おう

メールはコミュニケーションに欠かせなくなっていますが、携帯やスマホなどの場合は、仲間同士やメル友や家族間で使う事が多いので、親しみや面白さを出す為にも、絵文字や顔文字も欠かせないものになっていますよね。

 

絵文字や顔文字を使う事で、その人の個性も見えてきますし、それに文字情報だけでは分からない、相手の表情も見えてきます。

 

「おはよう」 「おやすみ」の挨拶にしても、その言葉の後に絵文字や顔文字を付け加えるだけでも、相手に伝わる気持ちは随分違ってくるものです。

 

メール以外でも、直接お会いして話す場合もありますよね。 その時も、感情表現に気を配る事が大切です。
顔を合わせているという安心感から、感情表現には気が回っていなく、疎かになっている事もあるのです。

 

「メラビアンの法則」を知っていますか?
自分の好意がどうやって相手に伝わるか、という法則です。

 

言葉7% 声のトーン38% 顔の表情55%…

 

言葉での好意は7%しか伝わらないので、いかに顔の表情が大切かが分かりますよね。

 

つまり、いくら素晴らしい殺し文句を思いついたとしても、それを意中の相手に伝えても、表情が乏しければ、その殺し文句の効果はないのです。

 

例え、短文のメールでも絵文字や顔文字を多く使って、表情が分かるように伝えてみると良いでしょう。