本名よりニックネームが効果的

相手に呼びやすいニックネームをつけよう

若いギャル達などは様々な流行の発信源で、色々な言葉を生み出すのが得意ですよね。

 

例えば、「ヤグる」は、浮気現場を目撃された時に使ったり、「KS」は、ラインを既読しているのに返事をしないでスルーしてる意味だそうです。

 

彼女達と親しくないと、なかなかそういう言葉を理解できませんが、彼女達にとっては合言葉みたいな感じで、それらの言葉を使う事で仲間意識が高まっているようです。

 

すなわち、親密度がアップするのです。

 

それと同じく、出会い系サイトなどでは自分のプロフィールを作成します。
その時に最初に考えるのはニックネームですよね。

 

普段、皆から呼ばれている名前をニックネームにする人や、自分で考えたニックネーム、あるいは、日常生活に溢れている品物や言葉を付ける人もいます。
小学生が皆にニックネームを付けたがるのは、それが友達になる近道だと言う事を感じとっているからだと言われいます。

 

出会い系サイトなどでニックネームを考える時は、相手に呼びやすいニックネームを付けてみましょう。

 

気に入った子のニックネームを「呼びやすいし、いいニックネームだよね」などと誉めてあげるのも良いです。

 

また、本名を聞き出して呼び合うより、ニックネームで呼びあった方が、親密度がアップします。

 

お互い呼び合わないで会話する事も多いと思いますし、最初はニックネームで呼ぶと戸惑うかもしれないけど、何度も呼んでいるうちに、一気に親密な関係になれるでしょう。